• To Make Japanese Cybersecurity globally competitive

    株式会社Niサイバーセキュリティ

  • Ni Cybersecurity

    私たちは、世界水準のサイバーセキュリティサービスを、適正な価格で提供します。

    Mission

    サイバークライムは世界規模で増加し続けており、その被害も指数的に膨張しています。

    サイバー空間には国境がありません。日本においてもそれはもはや他人事ではなく、サイバーセキュリティ対策は国家・民間ともに喫緊の課題となっています。

    Niサイバーセキュリティでは、

    ・セキュリティ戦略立案/アドバイザリーサービス

    ・セキュリティモニタリング

    ・セキュリティ人材育成

    を三本の柱とし、世界最高水準のサイバーセキュリティサービス・製品を日本市場へ提供することで、政府機関や一般企業をサイバークライムから保護します。

    Strength

    サイバーセキュリティの世界では、高い技術力を有することはもちろん、いかに実戦経験を積んでいるかという点が対策の優劣に影響します。Niサイバーセキュリティでは、この分野において世界で最も優れているアメリカ、イスラエル、欧州の政府機関やリーディングカンパニーなどと密接に連携して、グローバルなレベルでのソリューションを日本に提供します。

    Goal

    最終的なゴールはもちろん、この世界のサイバークライムによる損害をゼロにすることです。

    当面のフォーカスとしては、東京オリンピック・パラリンピックが開催され、日本におけるサイバークライムへのリスクが最も高まると予測される2020年。Niサイバーセキュリティでは、サイバーセキュリティ分野において先進的な取り組みを行っている政府機関や組織、企業と連携し、オリンピックが成功裡に全日程を終えられるよう、サイバー空間を安全に保護するために継続的に努力します。

  • Press / Blogs

    最新のご案内

  • Products

    サイバーセキュリティに関する世界水準のサービスを提供しています

    アドバイザリーサービス

    企業経営者向けセキュリティアドバイザリーサービス

    経済産業省のサイバーセキュリティ経営ガイドラインにあるように、サイバーセキュリティ対策は情報システム部門の課題ではなく経営者の課題となっています。しかしながら経営者が適切に自社の課題を認識し、アカウンタビリティを伴う説明・課題認識ができるよう海外の超一線級の専門家と連携しコンサルティングいたします。

    セキュリティマネージドサービス

    Mamaged Security service Provider

    企業のセキュリティリスクをモニタリングし、適切な対策への助言、リスクへの警鐘を鳴らします。

    自社のIT資産の管理モニタリング及び、ファイアーウオールの外にある資産のモニタリングについてもマネージドサービスで提供致します

    セキュリティ人材育成サービス

    サイバーセキュリティ対応人材の育成を支援します

    サイバーセキュリティ先進国の先進国たるゆえんは、体系化されたその教育ノウハウと豊富な実戦経験にあります。Niサイバーセキュリティでは、米国、イスラエル、欧州のセキュリティ専用教育機関と連携して、最先端のセキュリティ人材の養成を行います。

    特に、東京都心部に設置するサイバーレンジにより、実践的なセキュリティ人材を継続的かつ効果的に輩出してまいります。

    ペネトレーション(侵入)テスト

    脆弱性テスト

    お客様が管理している情報システムを対象に、不正なアクセスによるシステムの脆弱性の可能性を、専門的な技術スタッフがツール及びマニュアル試験により検知し、最適な改善策までをご提案するテストです。現在、国内ではツールを利用したテストが一般的ですが、Niサイバーセキュリティでは、技術的な部分はもちろん、「内部スパイ」的手法を含めたあらゆる方法で複合的に脆弱性を調査することが可能です。

  • Partner

    サイバーセキュリティ先進国のソリューションを日本に提供いたします

    E-light

    実戦経験において世界トップクラスの東欧セキュリティサービス企業

    その地政学的な条件から、歴史的に周辺諸国からの攻撃や侵攻を受けてきたウクライナでは、その延長線上にあるものとしてのサイバークライムへの対応優先度が極めて高く位置付けられており、また実際にも政治的な立場から強度な攻撃を受け続けている。イーライト社はそうした国策に準じた高品質なセキュリティサービスを提供し、CIS諸国の政府機関、ヨーロッパの銀行などの民間企業を顧客から高い評価を得ている。

    CYBERBIT

    イスラエルの国家インフラを支えるセキュリティカンパニー

    イスラエルを代表する国防企業であるELBIT社のサイバーセキュリティ部門であるCYBERBIT社は、サイバー攻撃シミュレーション教育や、SCADAインフラ向けのエンドポイントセキュリティなどの最先端ソリューションを世界の政府機関、民間企業に提供している。

    イスラエルには多くのセキュリティソリューションベンダーがあるが、「国を守る」という分野で世界中の政府機関から賞賛されている企業である。

    RiskIQ

    イントラネット外のデジタル資産を管理

    サンフランシスコを拠点とするRiskIQ社は、ファイアーウオール外のセキュリティサービスのパイオニアとして、金融機関のフィッシングサイト対策など、実際のセキュリテイ犯罪に直結するリスクのモニタリングを行う企業です。

    日本を代表する複数の企業でも採用されており、これからのセキュリティ対策では当然考慮しなければならない課題をカバーしています。

  • Who we are

    マネジメント層に対して必要なサイバーセキュリティサービスを提供します

    Co-Founder Chairman

    Co-Founder Chairman:西野弘

    全日空商事などを経て株式会社プロシードを設立2015年船井総研に株式売却後も同社の経営を代表として執行、2017年5月弊社会長に就任

    インターポールグローバルサイバー犯罪専門家グループメンバー、ICSS日本代表など公職を歴任

    Founder CEO

    Founder CEO/President:三石剛史

    第一勧業銀行(現みずほ銀行)を経て、複数のベンチャー企業にて新規事業開発やマーケティング、経営管理、豊富なマネジメント経験を有する。

    ニスコム株式会社取締役及び複数の子会社で代表や取締役を務める。

    Co-Founder Director

    Co-Founder Director: 田中雅人

    欧州に提携ブランチを有する株式会社G&Lの代表として、日欧企業を中心にコンサルサービスを提供。

    世界のセキュリティ情報を常にキャッチできる強みから、当社設立に参画。前職は再生案件として注目を集めたハウステンボスの最年少取締役(マーケティング担当)。

    Co-Founder Director

    Co-Founder Director: 尾上卓太郎

    大学卒業後、富士通、CA(米国勤務)、独立企業を経て、ニスコム株式会社代表取締役を務める。

    香港科学技術大学、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院 EMBA

    CTO

    CTO:二宮英樹

    米国大学在学中にITサービス企業を起業。

    グローバル製薬企業で法務・セキュリティに関する日米欧ビジネス課題の対応を豊富に経験。

    企業の立場にたった実践的な対策推進に強い熱意を持つ。

    顧問

    Adviser:横塚裕志

    東京海上日動株式会社元常務、東京海上日動システムズ元社長、顧問、事業会社出身の経営者として初めて
    JISA会長を歴任

    Outline

    住所:〒105-0001

    東京都港区虎ノ門2−8−10

    虎ノ門15森ビル 9階

    資本金:3,030万円

    取引金融機関:みずほ銀行渋谷中央支店

    TEL:03-6362-6989

  • Access

    港区虎ノ門2−8−10 虎ノ門15森ビル 9階

  • お問い合わせ/Contact

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

All Posts
×